火災保険で雨漏りが補償されるのか

毎年ゲリラ豪雨や台風など、激しい雨が続くことで、雨漏りが起こる場合があります。雨漏りを放置していると、天井や壁紙が濡れてしまい、家財にも被害がでることになりますし、カビの原因になってしまいますから、健康被害も考えられます。なによりも、天井や壁紙にまで雨水がしみこんでいるということは、屋根や外壁から家の内部にまで雨水が浸透していることになりますから、木材や金属を腐食させてしまう原因にもなります。雨漏りを放置していると、次第に家の耐久性も低下してしまい、最悪の場合には、建て替えが必要になってしまう可能性もあります。

こうならないためにも、日頃からメンテナンスを行う必要があります。メンテナンスを行わず、経年劣化によって起こった雨漏りというのは、火災保険の適用外となりますから、補償はされません。ただ、きちんとメンテナンスを行っているにも関わらず、突風や台風などの風が原因で起こった雨漏りというのは、火災保険がされ保険金を受け取ることができますから、きちんと見極めることが大切です。火災保険を申請する際には、専門の調査業者に依頼すると、きちんと原因を判別することができます。

また、できるだけ早期に修理を行わないと、被害が拡大していきますから、屋根の修理を依頼する場合は、事前の調査をきちんと行ってもらい、見積書や被害箇所の写真を用意して、保険の申請を行うことが大切です。放置している期間が長いほど、修理費用も高額になってしまいますから、できるだけ早く対処するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です