雨漏り修理で火災保険を使う方法

火災保険は、火事の時にしか保険金が支払われないと思っている人も多いかもしれませんが、実は落雷や風、雹、雪などの自然災害によって住宅に被害が出た場合にも、適用されます。そのため、台風や暴風雨によって瓦がずれてしまったり飛んでしまい、そこから雨水が浸入しておこった雨漏りというのは、火災保険の適用となるため、保険金を受け取ることができます。台風や暴風雨、突風などが保険の対象となるなら、ゲリラ豪雨などの大雨によって起こった雨漏りも対象となると思いがちですが、雨が原因で起こった雨漏りは、経年劣化によってひび割れが起こっていたなどと考えられてしまい、火災保険の対象とはなりませんから、注意が必要です。また、火災保険には水災も補償されますが、これは洪水などで床上浸水してしまった場合だけではなく、水道などの水の給排設備が故障してしまし、部屋に水があふれてしまい、建物や家財に損害が出てしまったという場合補償されます。

ただし、水漏れの補償は、あくまでも事故によるものしか補償されませんから、お風呂の水や台所の水を出しっぱなしにしてしまい、水漏れしてしまったというような場合は、過失となりますから、補償されません。雨漏りは、長期間放置していても自然に直ることはなく、被害が拡大していくだけですから、見つけたらできるだけ早く対策をとることが大切です。火災保険の適用となるかどうかは、素人では判断が難しいため、専門の業者に依頼するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です