雨漏りに火災保険は適用になるか

住宅に長く住み続けていれば、様々な出来事が起きます。その中でも予期せぬ雨漏りは、大変な事態で少し雨が漏れてくる場合や突然滝の様に降ってくる場合まであります。程度にもよりますが雨漏りは修理費が高額になるケースもあり、支払いに苦労する事があります。そこで、火災保険を利用して修理をする事が可能になる場合があります。

火災保険は、火災・風災・水災・落雷・外部からの飛来など予期しない自然災害に対して支払われる保険です。雨漏りが起きた場合は、風災保険を適用させて修理を行う事が可能です。一見、水に関する事なので水災補償に適合しそうですが、水災は洪水や高潮そして大雨による土砂災害にあった場合に適用されます。雨が侵入する部位は、屋根や壁が殆どで風によって屋根葺き材が剥がれたり浮いたりして雨水が侵入した事が原因として火災保険を適用させます。

よって風災補償の範囲内となり、春一番・突風・台風・強風が起きた際に雨漏りが起きたとして申請します。この場合の注意点として、被害が起きた際に早急に保険会社に連絡をする事です。時間が経過すれば、委員が関係を証明できなくなり保険適用外になる可能性があります。保険適用外になるケースはまだあり、いくら風災補償の風による影響であったとしても経年劣化や老朽化に伴う雨漏りには適用されない事です。

あくまでも住む事に支障が無い状態で、被害に遭った場合に適用されるので日頃からのメンテナンスは重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です