原因によって火災保険で雨漏りが補償される

雨漏りを放置してしまうと、天井や壁紙が濡れてしまい、家財にも被害が起こってしまいます。修復するためには、大がかりなリフォームが必要となり、高額な費用がかかってしまいます。そのため、できれば火災保険で補償された方が、保険金で修理費用をまかなうことができますから、原因をきちんと調べることが大切です。雨漏りは、雨を起因としているため、火災保険の水災に含まれるのではないかと思われがちですが、火災保険が適用されるのは、風災補償となりますから、ゲリラ豪雨や夕立などによって起こった雨漏りは適用されません。

風災は、竜巻や台風、突風など風による災害を補償していますから、台風で飛んできた物体によって傷がつき、そこから雨が浸入して雨漏りが起こった場合には、保険の対象となります。ほとんどの雨漏りは、老朽化や経年劣化によって起こることが多く、そういった場合は火災保険では補償されません。また、たとえ台風などの風災が原因であったとしても、長期間放置してしまった場合には、自然災害との関係性を立証することが難しいため、経年劣化と判断される場合もあります。そのため、火災保険の申請は、できるだけ速やかに行う必要があります。

ただ、できるだけ早く修理をしようと、飛び込みの業者などに依頼してしまうと、悪徳業者の可能性もあり、きちんと原因を調べずに修理を行い、再び雨が漏れてしまうという可能性も考えられますから、信頼できる業者に依頼することも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です