屋根の雨漏りは火災保険で修理する

住宅を購入する際には殆どの方が、ローンを組みます。その時に必ず加入するのが火災保険です。万が一に火災の際に適用される保険ですが、それ以外にも落雷・水災・風災・ひょう災・雪災・外部からの飛来など、予期しない自然災害にも適用される事を知らない方もいます。日本の気象には、春一番や強風・突風・台風などの強い風や、最近では竜巻などの瞬間的に物凄い力がある風による被害が発生するケースが増えています。

火災保険はこれらの災害に適用されますが、雨漏りに関しても適用されるケースがあります。雨漏りも小さい物から、滝の様に天井から水が降ってくる場合など様々ありますが生活に支障が出るのは確かです。雨漏りで火災保険を適用させるには、補償項目の風災補償を使い適用させる事になります。雨なので水災の様なイメージがありますが、水災は大雨による洪水や土砂災害そして高潮による被害です。

雨漏りは、風によって屋根葺き材が浮いたり飛ばされたりし雨水が侵入した事が原因として申請を行います。あくまで風による影響である因果関係が重要なので、それ以外の理由は認められません。そして、被害があった際には早急に保険会社に連絡する事も大切で、時間が経過すると風による被害と認められない事があります。更に重要なのは、風による影響はあったにしても経年劣化による場合は適用外です。

普段の雨や風でも十分に雨漏りが起こり得る為、保険金は支払われません。保険の適用を受けるには普段からのメンテナンスが必要不可欠となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です