火災保険で雨漏りを修理する方法

自宅で雨漏りが起こってしまった時には、できるだけ早期に修理を行う必要があります。ただ、一般的に雨漏り修理は高額になる場合が多く、できれば火災保険を利用したいと思う人も多いと思います。雨漏りのほとんどは、火災保険では補償されませんが、原因が突風や台風などの風で起こった場合には、火災保険の対象となることがありますから、保険金を利用して修理を行うことが可能です。火災保険の支払い対象外の代表には、経年劣化があげられます。

経年劣化は、時間の経過によって建物が消耗してしまい、自然に傷んでしまった外壁や屋根材の隙間などから、雨水が浸入してしまい、そこから雨漏りが起こってしまいます。火災保険というのは、突発的な事故や災害によって起こった損害を補償するものですから、経年劣化は補償の対象外となってしまいます。たとえ、雨漏りの原因が風災によって起こったものであっても、発生から長い期間が経過してしまうと、原因の特定が難しくなってしまい、経年劣化と判断されてしまう可能性もありますから、被害にあった場合には、できるだけ早く調査を行う必要があります。毎日使用している住宅でも、屋根や雨樋、外壁の状態は普段はあまり意識していないものです。

そのため、自分では気づかないうちに被災していて、そこから雨水が浸入している可能性もあります。一度雨が浸入してしまうと、徐々に家の内部にまで浸入してしまい、木材などを腐食して耐久性が低下する原因ともなってしまいますから、日常的に予防することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です