給湯器交換において注意したいこと

給湯器は10年以上使用が続いたら、そろそろ交換の準備が必要です。お湯の出が不安定になったり、急に冷たくなったり熱くなるようなら点検をしてもらう必要があります。そしてできれば故障する前に給湯器交換をした方が何かと便利です。冬場にお湯が使えないのは不便ですし、いざ給湯器交換を検討しても、すぐに工事できるとは限らないからです。

もちろん予算に余裕があれば純正メーカーに直接依頼すれば、在庫もあるのですぐに対応してもらえます。けれどもその費用はかなり必要となるので、安く済ませたいのであればネットサービスの利用ということになります。多くは写真を送ることによって見積もり金額を出すので、正確性に欠ける部分はあります。実際に現地に足を運んでみて、その設置場所の状況によっては追加の部品が必要となるケースもあるからです。

またマンションにおける給湯器交換にも注意が必要です。設置場所によって使用できる給湯器の大きさは限定されるので、型番とサイズをよく確認することが大切です。また、これまでには無かったお風呂の追い焚き機能を付けたいという場合には、それなりの工事も必要となります。この場合には専有部分の工事だけで済むのか、また周辺への影響もあるので管理組合への相談を行うことが大事です。

また本体価格が安くても、床暖房やお風呂など使用する設備に対応するための部品代がかさむケースもあるので、見積もりの時によく調べることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です