豊田市で水漏れをしたら

水漏れといってもどこまでが個人の持ち物か分からないことがあります。豊田市の場合、宅地内の水漏れをしたときは個人で対処する必要があります。豊田市は道路に埋設されている配水管は上下水道局で管理をしていますが、配水管から蛇口までの配水管は個人の財産になります。そのため宅地内でおきた水漏れは個人で対応する必要があるのです。

ただし、豊田市は配水管からメーターまでの自然漏水はサービスの一環として上下水道局が修理が可能ならしてくれます。どこまでが個人で対処するべきことか分からないときは上下水道局に問い合わせてみましょう。水漏れを見つけたときは、豊田市のホームページに記載されている対応マニュアルを確認してみるのもいいでしょう。修理が必要なときは業者に依頼する必要があります。

豊田市指定の給水装置工事業者というものがあるので、どこの業者に依頼してよいか分からないときはそこへ連絡してみるのもいいです。地区ごとに業者が分かれており、排水と給水の指定登録の有無などもホームページに載っています。水漏れの修理に関しては、請求金額などのトラブルがあることがあります。指定業者でも金額が全く同じというわけではありません。

しかし相場からかけ離れた請求金額というトラブルはなくなります。自分で業者を探す場合でも、見積りをきちんと出してもらってから依頼した方がいいです。できれば複数の会社から見積りをとるようにしましょう。トラブルにならないためには重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です