お風呂リフォームは土台を考慮することも大事

お風呂リフォームには思わぬことに直面することがあります。お風呂リフォームのために床のタイルを剥がして土間のコンクリート撤去すると布基礎の土台が、無残にも無くなっているということがあります。これは手抜き工事というわけではありません。もともとは土台があったものの、徐々に土台の部分に水が浸透し腐り、シロアリや腐敗菌に食べられたりなどして、消え去ってしまうためです。

しかし、すべての土台がそのようになるというわけではありません。実は40年以上前の古い建物の土台にはそのようなことは起こっていません。それよりも最近に作られたものが、腐ってなくなるという現象か起きています。どのような違いがあるのでしょうか。

実は、40年以上前に建てられた外壁は非常に腐りにくいという構造になっているためです。昔の外壁は、風が通りやすくまた水も抜けやすいという作りになっています。そのために土台部分に亀裂が生じ、土台に水が浸透してもすぐに乾燥し、そのために腐りにくいという環境になっていました。しかし、比較的最近の土台は、水や風が入らないようなことを重点的に考えた作りになっているために、タイルに亀裂が入り水が浸透しますと腐りやすいという構造になっていたわけです。

このことから分かるのは土台は単に水や風が入らないようにすれば良いというわけではないということです。侵入してきた水をいかに排水させることができるかという観点で作らないといけないということです。今後、お風呂リフォームをお考えの方は、土台がそのような構造になっているかを工事業者に確認するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です