動画再生用のソフトウェアを利用する場合

バナー

動画再生用のソフトウェアを利用する場合

映像再生用のソフトウェアを利用する場合、コーデックと呼ばれるものをインストールしないと、映像が再生出来ない場合があります。

というのは、動画ファイルを作る方式は様々あり、そのすべての方式と互換のコーデックは存在していないためです。コーデックはフリーウェアとして存在しているものも多いですが、無料と言ってもライセンスがまちまちなので、動画再生用のソフトウェアに同梱出来ない場合があり、そのため、利用者が後からインストールしないといけないことがあるのです。

あなたが求めるファイルメーカーに関連した書きかけ項目です。

なので、もし動画ファイルを再生しているのに動画も音も流れない、あるいは音だけは流れるが動画が表示されないという場合は、その動画ファイルがどういった形式で作られているのか確認しましょう。

確認の仕方はいろいろありますが、ファイルを右クリックしてプロファイルを見るとわかることがあります。動画の形式がわかったら、パソコンにインストールされていないコーデックを探して導入することになりますが、この時に注意することは、コーデックを配布している公式サイトからダウンロードするということです。

公式以外のサイトにあるソフトウェアには、ソフトとは別に広告を表示するためのツールや、検索ツールなどが同梱されていて、ソフトをインストールするのと一緒にパソコンにインストールされることがあります。



そうすると、ブラウザの検索でまったく違うサービスが表示されたりするので注意しましょう。